歯を失った方へ入れ歯・インプラントについて

contact_tel.png

歯を失ってしまった場合の治療

歯を失ってしまった場合には、そのままにしておくと噛み合わせが悪くなり食べ物を咀嚼する力が衰えるほか、残った歯に負担をかけて寿命を縮めてしまいます。見映えも悪くなるため、人工的に歯を補って機能と審美を回復させる必要があります。方法としては入れ歯やブリッジ、インプラントが挙げられます。

入れ歯について

入れ歯とは?

入れ歯とは、歯がなくなった場所に人工の歯をはめて、人工歯についた金具やバネを隣の歯に引っ掛けるなどして固定する方法です。

  • 一部の歯が欠損している場合…部分入れ歯
  • 上下どちらか、あるいは上下ともすべての歯を失った場合…総入れ歯

部分入れ歯について

部分入れ歯とは?

一部の歯が欠損している場合に行う入れ歯を、部分入れ歯と言います。人工の歯と歯ぐきの役割を果たす義歯床、留め具で構成されています。自費の部分入れ歯の中にはバネを使わずに装着できるものもあります。

種類保険の部分入れ歯自費の部分入れ歯
特徴 金属のバネで固定 バネを使わずに装着できる
メリット 安価、短時間で製作可能 見映え、着け心地が良い
デメリット バネが見える、調整が手間 保険に比べて費用が高い
費用について 保険適用 ¥3,000~ ¥100,000~

※費用はすべて税別です。

総入れ歯について

総入れ歯とは?

総入れ歯とは、上下いずれか、または上下ともにすべての歯を失った場合に装着する入れ歯です。部分入れ歯と異なり、入れ歯を引っ掛ける歯がないため、人工歯がついた土台(床)を口の中にはめます。

種類保険の総入れ歯自費の総入れ歯
特徴 プラスチック製で厚い 歯ぐきと接触する面がシリコンでできている
メリット 安価、短時間ででき、修復しやすい 痛くない、外れにくい、噛みやすい、劣化しにくい
デメリット 食べ物の温度を感じにくい、違和感を覚えやすい、破折しやすい 保険に比べて費用が高い、調整に多少時間がかかる
費用について 保険適用 ¥10,000~ ※上下別 ¥300,000~

※費用はすべて税別です。

現在お使いの入れ歯に違和感がある方

まずは現在の入れ歯を観察します

現在お使いの入れ歯に違和感がある場合は、入れ歯や口をじっくりと観察して問題点を探ります。例えば、口を閉じたときの唇の厚さに上下で偏りがある場合は、入れ歯の高さが合っていない可能性があります。

入れ歯で口の中が痛む理由

入れ歯で口の中が痛む理由は、入れ歯と歯ぐきがフィットしていなかったり、噛み合わせが悪かったり、歯ぐきの粘膜が薄かったり、唾液の分泌量が少なかったりとさまざまです。また、刺激に敏感な体質であることも理由の一つとして考えられます。

入れ歯作りの流れ

新しく作り替える場合には、歯と歯ぐき、噛み合わせの型を取ります。その後、できあがった型をもとに歯並びをシミュレーションし、患者さんのご要望に応じて修正を重ねていきます。

違和感を少なくするための工夫

入れ歯は床の面積が大きいほど安定しやすいのですが、その分違和感が増します。そのため、入れ歯が初めての患者さんには、まずは床面積が小さいものを作って様子を見てもらいます。既に入れ歯をつけていて新しく作り替える方の場合には、ある程度入れ歯の装着感をご存じのため、床面積を大きめにして素材を既存のものから変更することで違和感を少なくしていきます。

インプラントについて

インプラントとは

インプラントとは、あごの骨に手術で穴をあけ、チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、そこに人工歯(上部構造)を取り付ける治療法です。噛み心地が良く、入れ歯やブリッジのように周囲の歯へ負担をかけることもありません。その一方、費用は他の治療法に比べ高額になります。

安全性を重視したインプラント治療

インプラント治療は手術を伴うため、不安に思う方も多いと思います。当院では、患者さんの口やあごの状態を綿密に調べ、安全に治療ができることを確信してから治療を行います。リスクを減らした治療を心がけていますので、どうぞご安心ください。

CTであごの状態を立体的に把握

当院ではCTを撮影して患者さんの口、あごの状態を確認します。2次元のレントゲン撮影と比べ、奥行きも含め3次元で立体的に撮影できるため、インプラント体が安全に埋入できるかどうかを綿密に調べられます。

ドリルがぶれないサージカルガイドを使用

当院では、インプラント体を埋入する部分に穴があいた、患者さん専用のマウスピース(サージカルガイド)を作成しています。このガイドを患者さんにはめてもらい、ガイドの穴の中にドリルを入れることで、ぶれることなく安全に手術が行えます。また、ドリルを止める深さも設定されています。

治療の流れ

1、検査と治療計画の作成

問診後、レントゲン撮影やCT撮影によって口の状態を把握します。そちらをもとに治療計画を立て、患者さんにわかりやすくご説明します。

矢印

2、1次手術

手術をしてあごの骨にインプラント体を埋め込みます。

矢印

3、定着期間

インプラント体があごの骨に定着するまで3ヵ月〜半年ほど待ちます。

矢印

4、2次手術

歯ぐきを開き、インプラント体と人工歯をつなぐ支柱を取り付けます。

矢印

5、人工歯の装着

取り付けた支柱に人工歯を取り付けます。

矢印

6、定期検診

噛み合わせや炎症の有無などを確認し、インプラントが問題なく機能しているかを確認します。

補償について

当院ではインプラント治療を受けた患者さんを対象に、最長10年の保証を設けています。壊れるなどの不具合が起きたとき、3年目までは無料、4年目からは修理費の一部(10%〜)をご負担いただいています。

難症例にも対応しています

インプラント体を埋入するあごの骨の高さや幅が不足している場合は手術が難しくなりますが、当院ではGBR法という治療法で骨を人工的に増やして土台を作ることができます。これらの理由により他院でインプラント治療を断られた患者さんは、一度当院にご相談ください。

24時間対応 予約システム TEL.044-814-0848 診療時間:10:00〜12:30,14:30〜19:00