むし歯治療・歯周病

contact_tel.png

むし歯の治療について

「歯医者は怖い」「痛い」 そんなイメージを払拭します

歯科医院での治療が痛かったり、怖かったりしたら足が遠のいてしまって、むし歯や歯周病をますます進行させてしまいます。当院ではそうならないよう、長年の経験と培った技術、丁寧な対応で、次のような不安を解消しています。

「麻酔の注射が痛そう」「漠然とした恐怖感がある」

当院では患者さんから「なぜ痛くないのですか?」と聞かれるほど、麻酔時の痛みを和らげることができます。
緊張していると痛みが増すため、まずは患者さんとざっくばらんに世間話をしたり、患者さんの関心があることを聞いたりしながらリラックスしていただきます。
麻酔をする際には、患者さんの目を手で隠すことで注射する様子が見えないようにして恐怖感を和らげます。また、指で歯ぐきを押したり、唇をめくったりして、それらの部位に患者さんの気が集中している間に別の部位に注射をすることで、痛みを感じる間もなく注射を終えられることが多いです。

どうしても痛みが心配な方には、注射をする前に歯ぐきの感覚を麻痺させる表面麻酔を行っています。ゼリー状の麻酔薬を歯ぐきに塗って染み込ませる方法です。また、麻酔薬の注射時の痛みは注入速度のムラによって生じるため、注入速度を自動で一定に保つ電動麻酔器もご用意しています。

当院では前述の工夫によって麻酔時の痛みを感じない患者さんが多く、表面麻酔を行ったり、電動麻酔器を使ったりすることはそれほど多くありません。

「歯を削るときや抜くときが痛そう」

当院は「できるだけ歯を残す」という方針に沿って治療を行っていますが、どうしても削ったり抜いたりしなければならないこともあります。そのような場合でも、麻酔をしっかりと効かせてから治療を行いますので、削る痛みや抜く痛みを感じることはありません。

「麻酔が切れてきたときに痛みを我慢できるか心配」

麻酔が切れてくると痛みを感じることもありますが、当院では痛み止めの飲み薬を処方していますので、痛みを軽減することができます。

できる限り歯を残す治療を行っています

永久歯は一度抜けたら、二度と生えてくることはありません。また骨や皮膚とは違い、歯は一度削ると自然に元に戻ることはありません。そのため、当院では安易に削ったり抜いたりはせず、MTAセメントなどを使って、できる限り患者さんの歯を残すようにしています。

むし歯や歯周病の進行状況によってはどうしても削らなければいけないこともありますが、その場合にもできる限り削る部分を減らすよう心がけています。

MTAセメント治療

むし歯が進行して歯の神経を抜かないといけないときに行う治療方法です。MTAセメントと呼ばれる薬剤を塗ることで細菌を死滅させ、神経を抜かずにむし歯の治療が行えます。

むし歯の進行状況とそれぞれの治療方法

段階むし歯の進行状況治療方法
CO
(シーオー)
歯の表面が白く濁ったり、溝の部分が黄色くなったりします。 特に治療の必要はありません。ご自宅での予防ケアを続けてください。
C1
(シーワン)
歯の表面のエナメル質に穴があいた状態です。 痛みの伴わない簡単な治療で済みます。
C2
(シーツー)
むし歯がエナメル質の下の象牙質にまで及んでいる状態です。冷たいものがしみるなどの自覚症状があります。 歯に詰め物をするなど、治療が複雑になります。麻酔が必要なケースもあります。
C3
(シースリー)
むし歯が神経(歯髄)にまで及んでいる、かなり進行した状態です。痛みで寝付けないこともあります。 むし歯の部分を削ります。炎症を起こしている神経を治療(根管治療)した上で、被せ物で歯を覆います。
C4
(シーフォー)
歯の表面に加えて神経も破壊され、元に戻すことはほぼ不可能です。 抜歯をして、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで欠損した歯を補います。

※神経は歯の痛みを伝えるだけでなく、歯に栄養分や酸素を送っています。神経を抜いた歯はもろくなり、後から被せ物にすき間ができて細菌が入っても痛みを感じないため、気づくのが遅れることがあります。

歯周病の治療について

日本人の8割が罹患していると言われています

歯周病は、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にたまった歯垢や歯石が歯肉に炎症を引き起こす病気です。歯ぐきが腫れたり血が出たりして、進行すると歯を支える歯槽骨を溶かして最終的には歯が抜けてしまいます。日本人の8割が罹患していると言われています。
歯周病の発端は歯垢(プラーク)ができることですので、常に口の中を清潔な状態に保ち、歯周病にならないように心がけましょう。

歯周病セルフチェック項目

次の症状がある場合には、当院に一度ご相談ください。

  • 歯から血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯茎が腫れている
  • 歯と歯の間に食べカスが挟まりやすい
  • 歯茎が下がってきた
  • 歯がぐらぐらする

歯周病の原因とケアの方法

歯垢(プラーク)
除去が必要です。歯科医院での定期的なケアとご自宅でのケアをあわせて行ってください。患者さんの中には、歯科医院でホームケアの方法を教わったことがない方もいらっしゃいますが、とても大事なことですので、当院では歯ブラシの選び方から丁寧にお伝えしています。
食生活
食生活の内容によっては、歯周病の原因菌の働きを強めてしまうことがあります。甘い食べ物を控え、歯応えのある物を食べるなどの注意が必要です。
全身疾患
糖尿病などの全身疾患は、歯周病を進行させる原因になります。院長は日本糖尿病協会の歯科医師登録医でもあるため、歯周病と全身疾患の関連に精通しています。
歯ぎしり・噛みしめ
歯ぎしりや噛みしめが強いと、歯が動いてしまって歯周ポケットができやすくなります。歯が減ったり、しみたりする原因にもなりますので、ひどい場合には治療が必要です。

治療方法

歯周病は進行状況によって治療方法が異なります。

ポケットの深さ(Pro)歯のぐらつき進行度合い
~3mm 前後 軽度
4~6mm 前後・左右 中度
7mm~ 前後・左右・上下 重度
軽度〜中度の場合
スケーリングとルートプレーニングを行います。 スケーリングとは、スケーラーという器具で歯に付着している歯垢や歯石を取り除く方法です。歯周ポケットが深くてスケーリングでは除去できないときは、別の器具を使ってルートプレーニングを行います。
重度の場合
重度の場合には外科的な処置を検討します。歯肉を切り開いて、直接、歯垢や歯石を取り除くフラップ手術や、歯周病で溶けて少なくなった骨を部分的に再生するGTR法、エムドゲイン法などが挙げられます。
24時間対応 予約システム TEL.044-814-0848 診療時間:10:00〜12:30,14:30〜19:00